未来の自分に恥じない取引【上手な不動産投資で賢くやりくり】

集合住宅

不動産の経営ミスとは

案内

不動産経営のミスとは

不動産投資の失敗は、確定申告時や数年経過してから分かるようになります。原因としては購入金額が高すぎることによる返済不能によるものや家賃収入が得られずに返済不能によるものなどがあります。基本的に返済が難しくなり、失敗をしてしまうとケースが多くなっています。更に不動産投資の失敗原因として売却ができないというパターンも存在します。この場合、人気のない地域や物件が古すぎることによる売却が長期化に陥ることです。このように購入する前から分かっていることを対策することによって不動産投資の失敗を抑えていくことができますが、その対策をするためには事前検証の損益や売却動向を探ることによって今後の不動産投資に役立てることができます。

不動産の見直しとは

不動産投資の失敗を防ぐためには、事前の計算式に基づいて行います。表面利回りと実質見回りを計算します。この計算方法は家賃収入から管理費や実際にかかる費用を計算し、その後返済金額からいくら残るから算出する必要があります。家賃収入から残る金額として3割以上が残るようにしないと、金利変動や家賃収入の減少にも耐えられるようにしましょう。また、売却困難な場所についてはインターネットで調査することができます。実際に購入する物件の地域を確認することによって傾向がつかめるようになります。特に夜間に行くことによってどんな地域なのかを確認でき、人通りや通りの明るさなどを確認することによって人気がある物件なのかが分かるようになります。